フリーダイヤルを受ける側に!電話代行という仕事


企業の中にはフリーダイヤルの番号を用意しており、実際に掛けてみた経験がある人も多くいることでしょう。丁寧に対応をしてくれて気持ち良く用事を済ませることができたと思われますが、実は話しをしていた相手は、その企業の人ではなく電話代行会社のオペレーターの人かもしれません。

ここでは電話を受ける側にフォーカスを当て、お仕事の魅力を紹介していきます。


電話代行を利用するケースは多い

フリーダイヤルに掛ける側からすれば、てっきりその会社への直通電話かと思ってしまうところです。しかし実際は電話代行会社というケースもあるのですが、こうしたパターンは珍しくありません。なぜ電話代行を利用するのかというと、ひとつの理由は応答性を良くするためです。

通常はその会社の人間が電話に出て対応をしてくれますが、スタッフが出払っているなどの理由で電話がなかなか繋がらないこともあります。それがもしも重要な連絡なら、後々のトラブルに発展するといったリスクになりかねませんし、あるいは何かの依頼電話ならビジネスチャンスを逃してしまうことにもなるでしょう。

そこで、迅速に応答するために電話代行という、オペレーターのプロを用意して、スムーズに問い合わせに対応できるようにしているのです。フリーダイヤルの番号を貸し出ししてくれるのも電話代行の魅力。そもそもフリーダイヤルとは着信を受ける側が料金を支払うサービスのことですが、番号を導入することで顧客が問い合わせをしやすくなるというメリットがあります。

電話料金は掛ける側からすると気になる存在であり、例えば何かの注文をしたい時にも、電話でお金が掛かると二の足を踏んでしまうこともあるでしょう。しかし企業側が負担をすることで気軽に電話を入れることができます。

電話代行会社は、代わりに電話を受けるという役割を持ちつつ、フリーダイヤルの貸し出しまでも行ってくれる便利な存在として、沢山の企業から利用されているのです。

オペレーター仕事の魅力は?

電話代行の業務を一手に引き受けているのがオペレーターという存在です。要は電話番であり、フリーダイヤルに次々と掛かってくる問い合わせを受けるのが役割です。電話をする側からすればオペレーターについて深く考えることはないものですが、逆に電話を受ける側になるとしたらどんな魅力があるのでしょう。

初心者でも活躍できる

電話対応をしてくれるオペレーターは、常に丁寧な接客で訓練がされているように感じるものですよね。自分でできるのかと不安になるかもしれませんが、そのような心配は無用と言えます。問い合わせに答える業務はインバウンドと呼ばれていますが、インバウンド業務は基本的にマニュアル化されていることが多いです。

お客様からの問い合わせ内容は、商品への質問やトラブルの連絡などが割合を占め、予めそれに対応するマニュアルも作られています。事務的に対応をしていくだけであり、高度なスキルを求められることはありません。ある程度は練習を重ねることも必要ではあるものの、慣れてしまえば自分が掛ける側の時に感じられた、気持ちの良い対応ができるようになるのです。

したがって電話対応の経験がない人でも、さほど心配をすることなくトライできるでしょう。なお、困った時にはスーパーバイザーに相談ができるのも安心材料です。現場を取りまとめるための担当者が必ずいますので、いざという時にはサポートを受けられます。

ノルマがなく気軽に働ける

電話を受ける側をインバウンドと呼ぶとお伝えしましたが、逆に電話を掛ける側はアウトバウンドと呼ばれています。アウトバウンドは顧客への電話をするのが役割で、例えば商品やサービスの売り込み電話などがそうです。

どちらも電話を通して業務を行うという点では共通しているのですが、電話代行の場合はノルマがないという良さがあります。売り込みをするアウトバウンドの場合はノルマが用意されていることがあるため、プレッシャーが圧し掛かってくるところ、受け手に徹するインバウンドならそうした負担がありません。

ひたすら電話番をするだけですので気軽です。時には苦情の連絡なども掛かってきて苦労する面もないとは言えないものの、ノルマがないだけ働きやすさに優位性があると言えるでしょう。

格好は自由なことが多い

自由な髪形や服装で働きたいという人もいるかと思われますが、そういった人にも電話代行のお仕事がおすすめです。全て電話を通しての業務となりますので、髪形などは問われないことが殆どです。女性の場合ですとファッションを大事にしたいという人も多いと思われますし、ネイルなんかも存分に楽しみたいこともあるでしょう。

そんな人にとって正に打って付けの職場であり、ファッションと仕事を両立させることができますよ。

美容室向けの電話代行サービスが人気

年齢不問で幅広い世代が活躍する

お仕事によっては年齢がネックになることもありますが、電話代行に関しては不問になっていることが殆どです。大学生くらいの年齢からベテランの主婦層などの、幅広い世代が活躍しています。若い人ならビジネスマナーを身に着けるために役立ち、社会人ならこれまでの経験をいかんなく発揮できるのではないでしょうか。

また、色々な人が働いていることで、スタッフ同士の交流を楽しめるという魅力もあります。

話しを聴く姿勢が大切

オペレーターに求められる適性もあるのですが、ひとつは、しっかりと話しに耳を傾けられるかどうかです。受け手になる以上、相手がどのような目的で電話をしてきたのか、どんな回答を求めているのかを上手くキャッチしなければいけません。

そのため相手の話しをじっくりと聴ける姿勢を持てる人にこそ適した仕事と言えるでしょう。例えば人によく相談をされることがある人ですと、相手の考えを読み取ることに長けていたり、思いやりを持って接することができたりするはずですので、業務に必要な適性も備わっていると判断できそうですね。

パソコンを問題なく使える

問い合わせに対してスムーズに対応するために、最低限のパソコンスキルがあることも必要不可欠です。特に文字入力は滞りなくできることが望ましいと言えるでしょう。タイピングで戸惑うようですと業務をこなすことが難しくなってしまいます。

電話代行は顧客と企業とを橋渡しするための大事な役割でもあるため、パソコンな扱いに難があるとハンデになりかねません。しかしながらそこまで高度なスキルが求められることは殆どありませんので、日常的にパソコンを使っている人ならそれほど心配をする必要もないでしょう。

Top